審査に落ち続けた私がクレジットカードをゲットしました

クレジットカードの支払を延滞してしまったことが原因でクレジットカードの審査に落ち続けていました。
ネットでいろいろ調べた結果、クレジットヒストリーをつけると審査に通り易くなるということを知り、携帯電話の支払は延滞しないで支払し続けました。
それから、私のように審査に落ち続けている人でも審査が通るアコムACマスターカードを作りました。
少し心配でしたが簡単に通りました。

クレジットカードは、発行している会社の種類によって、銀行系や信販系、流通系というふうに分けることができます。
銀行系は特に審査が厳しくなりますが、それに対してより審査が甘いとされているのが、流通系のクレジットカードです。
出典:審査が甘いクレジットカードナビ/誰でも審査に通るクレジットカードはある?

このカードは簡単に手に入りますが、リボ払い専門のカードで使用すると自動的にリボ払いになってしまいます。
ポイントもつきませんし、保険もついてません。
ただ、期限まで指定の口座に利用分を振り込めば1回払いと同じような使い方も出来、利息もとられません。
私はこの1回払いでカードを使い続けました。振込みを忘れられないというのが大変でした。1年間は使用し続ました。
仕事の年数も転職して3年が経過したタイミングで満を持して目当てのクレジットカードの審査を受けたところ、見事通貨することが出来ました。

クレジットカードの審査、無事通るかどうかっていうのは誰しもが通る道だと思います。
基本的にはそんなに心配しなくても通るんですけど、通らない場合のある人もいます。
ではどのような人が審査に通らないのか。そこを考察していきましょう。
まず、無職の人。これは厳しいと思います。なぜなら返すあてがないから。基本的には通過できないと思われます。
ただ、専業主婦の方で配偶者に安定継続的な収入があれば良しとされています。しかし配偶者の同意が必要です。

そして借金のある人です。すでに借りているお金があるのにさらに借りようとしている。
なぜ?そう考えれば審査に通らないこともよく頷けます。
これは多重債務に陥る可能性のある方なので基本的には審査には通りません。

そして仕事もしている、借金もない。そんな人でも厳しいこともあります。
それはそこそこな年齢なのにクレジットヒストリーのない人。
これまでクレジット作ったことのない人っていうのは審査に落ちるかもしれません。
なぜなら審査する側がそういった人の情報を調べた際にクレジットヒストリーがないと、なんで?って思うからです。
もしかしてこの人元ブラックでしばらく借りれなかったのか?そう思われるかもしれませんからね。
なので、成人したら若いうちにでも一度クレジットは作っておきましょう。

あとは年金受給者の方、生活保護を受けている方もほぼ審査には受かりません。
家族の援助や働くことが出来ないのでクレジットカードを作る事が出来ないのです。
ようするに、自分がお金貸せるかな?って考えてみて、それでいけると思うならいけるし厳しいと思うならそれはやっぱり無理かもしれないんですね。そういうことなのです。